人気ブログランキング |

ぱむに面会

本日のぱむ

夕方会いに行ったときは、いつものまどろみぱむでした。
声かけに目をぱちぱちしてたけど、
自分から首を持ち上げるとかの反応はありません。
すべて点滴、経口摂取なし。

前に大きな連続発作で、かかりつけ医に運んだときも、
治療後、まる1日寝たきり、次の日から少しずつ復帰だったので、そこに期待です。

朝、7時台に電話をしたときに
先ほど小さい痙攣がありました、と言われました。
そのとき思ったのは
毎朝、皆に挨拶してから仕事に行くのですが、ぱむにも「今日迎えに行くから待っててねー!」と入院先に向かって小さく叫んだのが聞こえたかな♪
ふふふ(^-^)v

夕方5時くらいにも発作あり、朝と同様、10秒くらいで終わったそうです。
25日はその二回。

26日は仕事抜けるのが難しいのと、
かかりつけ医も私も、もう一泊との意見で一致。
救急センター、大型犬で処置費がかかるのもありますが、一泊3~4万と言われました(^^;  ぱむのためなら頑張るぜ!

夕方かかりつけ医に行って、今後の薬の相談をして、
相変わらず物静かな先生で何が決まったわけでもないのですが(笑)
その足で、救急病院に行って、かかりつけ医との話を伝え、ぱむに面会しました。

昨夜の担当の先生に、もう一泊するようなら、かかりつけ医との話を報告してくださいと言われていたので
9時過ぎに電話。
手術中とのことで、伝言。

そのあと寝てしまい、11時くらいに着信あったことに気づかす
音大きい設定にしたのですが、充電もしてたので、枕元でなかったのが失敗ー

3時前に目覚めたときに着信に気づく。
家電には、なにもなかったので、急変ではないだろうと思ったけど
折り返しし、確認と在宅に戻った際の話をお訊きしました。

ぱむは。その後発作なく(^-^)/
薬効果あり。薬で寝かせられていた状態から、声をかけると、自分から顔をあげるまでになっているとのこと。
よっしゃー!!さすが!ぱむ!

現段階では、MRIは考えていません。
(ただ。発作を止める。脳を休めるなどに必要なポジティブ利用の際には、ついでにーも考えられるかも)
血液検査等から、全身状態はほぼ問題なし。
ということは、やはり脳が原因。
違うかもしれないけど
脳腫瘍と仮定して、
今までのぱむの状況からこれが効果あるのでは?デメリットは、こうやっていけば?
憶測ばかりではありますが、
また治療&介護の可能性がひとつ増えました。

これが、きっとクリスマスプレゼントなんだろうと、
またぱむと一緒にいるために必要な時間なんだろうと
昨夜から思っていました(*^^*)

ぱむ、少しずつ良くなっていこうね!

ぱむの介護部屋は眠くて作りきれなかったので、またどやどや3頭と宜しくね♪

4時になってしまった
ちょっとだけ寝ます。

by inusan-dot | 2018-12-25 22:26 | Comments(0)