3月11日

被災地の皆様には心よりお見舞い申し上げます。

11日は、母と3匹と福島一泊旅行でした。
朝仕事をして、10時過ぎに出発、母を迎えに行って、いざ東北道へ。
那須SAでドッグラン&軽食
でっかいスイートポテトが売ってたのでゲット!

コテージなので、ビールとか買っていこうと道の駅に寄り、14時すぎに宿着。
早く着いても、犬たちはドッグランで遊べるし、母は温泉満喫できるのです。
「チェックインは15時ですが、14時半から用意できますよ~」

宿のコンビニで、おにぎりを買うと母がいう。
「夕食6時なんだからいらないんじゃないの?別にいいけど」
このおにぎりが後で助かりました。。ホント。

14時半に鍵をもらって、コテージへ移動。
きれいじゃんね~なんていいながら、荷物を運び入れる。
「私ドッグランいくから、ママは温泉入ってなよ、送るからさ。」
そんなつもりで犬は車に乗ったまま。荷物を運んでいたところ

ぐらぐらぐらぐら~~~~~
瞬間うごけない。ドアだけは開けに行く。「すごいね」
すごいのが収まって、テレビつける。揺れは続いている。

小さい揺れになって、また荷物を運ぶと

ぐらぐらぐらぐら~~~
犬がのってるボルボが波打って上下に揺れている。あーいうとき咄嗟に動画撮れる人達ってすごいかも。
「お風呂行くのやめるわ」と母。

そのあと、地震小さくなったし、ずっと乗りっぱの犬たちをドッグランで放そうと思ったんだけど
よくわからないのでフロント棟まで車移動。
フロントにはたくさんの人や犬がいました。
そんな中「ドッグランってどこですか~?」とお気楽な私^^;

意外と歩きそうなのでやめて、
コテージ裏にランあったはずなんだけど~とリリース(←多分いけません、なので宿名はだしてません^^;)
一面の雪!
f0109202_12302571.jpg

なのになぜか泥川が^^;;
f0109202_1229527.jpg

コテージ外で洗おうとすると、お湯が出ない。
あきらめて、犬たちを専用庭に放していると、設備点検にフロントのお姉さんが。
ガスは揺れでとまっただけで復旧。

その後、フロントから電話あり、
「水道タンクに亀裂がはいっているかもしれず料理提供ができないかもしれないので
帰っていただくことも考えていただくよう皆様にお話しています。。」

「設備点検の結果、正常に機能しますので宿泊していただくことも検討にいれてください」

とりあえず、帰ろうか・・・揺れはずっと続いているし

ぱむは泥んこのまま、犬達、また車へ。
荷物運び入れ、フロントへ。

来た道は、土砂崩れで通れず、違う道を案内される。
電話もつながらず、フロントも情報が収集できない。
そこに
先に帰ったお隣のコテージの方が戻ってきて、案内された道も通行止とのこと。
宿の車が他の道を確認に行く間、待機。

残ることも考えたけど、山降りるなら明るいうちに
「土砂崩れで帰れなかったら戻ってきていいですか?」了解いただき出発。
さっき寄った道の駅の人にも呼び止められ、道をもう一度教えてもらった。
地図もくれた。店は物が散乱してめちゃくちゃだった。

山道は、少し崩れているところもあった。
バスが停止し徐行しているのでなにかと思ったらかなりの亀裂が入っていた。
でも段差ができてるほどではなく、徐行で無事通過。

山を下れば、東京に向かえば大丈夫だろうと思っていました。
宮城がすごい!という情報しかなく、東京もすごいことになってるのは知らなかったので。

7時くらいかな。
公衆電話はつながるとの情報で、父に電話するがつながらず。
コンビニは食糧を買う人が並んでいました。うちは母がお茶買っただけかな?
自分たちと犬たちのトイレをすませてまた出発

国道4号にはいれば東京に向かうだけ。
ガソリンを満タンにしてひたすら走りました。
栃木県内はほとんど停電だったような感じでした。信号ないけど渋滞なのでなんとか譲り合い。

犬たちはたおがちょっと起きてたけど、ぱむはぴくともしないし、イヴもケージでがたがたしないので
何時頃かなぁ、日付変わってたのは確かだけど、、埼玉県内のコンビニまでノンストップ。

4号は1か所、亀裂かなにかで迂回させられたのですが、ナビもないし、
変なところに行ってしまってちょっと焦りました~
ナビタイムに入ろうかと思ったら、機種が対象外だし(><)

母を送って帰宅したのが、朝5時前。
ちょうど大きな地震がきて、お向いさんが飛びでてきて
「あ~よかった。帰ってこれたのね」と。嬉しかったです。
私たちはずっと車でしたが、暖房がきいて、ラジオも聞けました。
東京で仕事していた人たちのほうが大変だったと思います。

ぱむは乾いてきれいになってるし、そのまま2時間ほど寝て、
午前中は、お客さん達の安否確認をし、昼寝して、夕方、午前中つながらなかった人の安否確認

あとは
気は落ち着きませんが、普通に暮らしています。
いつもどおりお散歩仲間にも会えますし、犬達は大丈夫!

すごい地震のとき、車にいたので、地震の恐怖はないようです。
母ちゃん、運転荒いな、くらいだったのでしょうか^^?
お留守番だったワンちゃん達は、今もかなり不安があるようですね。




普通でいることを申し訳なく思い過ぎたりするよりは
被災地を思いやりながら、できることをして、平常心でいることが必要なのかなと思います。
なんとなくきりきりしちゃうこともあるけどね。

原発の放射能も子供がいるわけではないし、お手伝いできることがあればしたいけど
実際、役立つ技術は何ももってない。
いつもの仕事をして、自分が守れる人や犬だけでも守っていきたいなと思っています。


長い日記になっちゃった。


ちょっと雪遊び
f0109202_12225352.jpg

f0109202_1222734.jpg
f0109202_1222361.jpg

f0109202_12233570.jpg

f0109202_12242489.jpg
f0109202_1224037.jpg

[PR]

by inusan-dot | 2011-03-21 12:25 | Comments(7)

Commented by fujioka999 at 2011-03-21 14:33
ご無事で何よりです(^^)
福島にいると伺った時、本気で心配してしまいましたよ

それにしてもツートンカラーのぱむちゃんステキ(爆)

うちも、当日は明け方まで車に移動していました
>母ちゃん、運転荒いな、くらいだったのでしょうか^^?
普段は安全運転されていらっしゃるから意外に思ったのではないでしょうか??
うちは僕の運転に慣れているので、たぶん車に乗っていれば震度7クラスまでいけそうです
Commented by inusan-dot at 2011-03-21 15:35
神威家さま☆
ありがとうございます!
私たちは本当車乗ってただけなので、皆様のご苦労考えると楽させてもらっていたのかもです~
父と連絡も取れなかったしとりあえず、母を送り届けなきゃ!と気合で走り続けましたが、最後は話すのも面倒でした^^;母は母で寝ないように気を浸かっていたのでしょうけどね。
一人だったら、どこかで寝てたかも。
閉まっているコンビニの駐車場はそんな車でいっぱいでした。

震度7ですか~なかなかやりますな(笑)

ぱむには癒されます・・ていうか、あきらめることに慣らされてるのかも(^^)
Commented by Lacmama at 2011-03-21 19:28 x
地震のときは福島にいたんですね。
でも、3ワンが一緒だったのはとってもラッキーだったと思います。
国道4号線で帰ってきたってことは、あの日、うちの近くを走ってたってことですね。
みんな無事で良かったです。
Commented by inusan-dot at 2011-03-21 20:28
Lacmamaさま☆
その後おうちのほうはいかがですか?
余震も多いのでいろいろお気をつけくださいね。

この旅行ずっと日程悩んでて
一人で行って帰りにラクランちゃんと遊んでもらえないか聞いてみようかとも考えてました。用事あって母といくことになりましたが。

通るとき、ラクスちゃんち、大丈夫かなーと思ってました。

私もいぬたち皆一緒でよかったと感じてます。心配がないから気持ちの余裕もあったのかも
お隣さんが車ないから大丈夫かなと思いつつ、犬だけ残ってないか
呼び鈴をたくさん鳴らしてくれたそうです。
本当に感謝しています。
Commented by inusan-dot at 2011-03-21 21:07
自分のレスに誤字が(((^^;)
Commented by ゆーきち at 2011-03-22 17:55 x
アタシも役立つ技術ないし、とりあえず募金・・・ぐらいしか。
このガソリン不足にびびって車に乗れない週末を過ごしました~
Commented by inusan-dot at 2011-03-22 21:11
私も慣れない自転車で使ってます~体力なくてゼーハー(((^^;)それなりに節約してます
でもバイクはそろそろ並ばないと…

ジーカメちゃんはお変わりない?
日記にコメいれちゃったけど飛ばしてもよくてよー(^-^)/